「新しい米粉」の開発
「新しい米粉」の開発

和菓子などに使用される、従来の米粉(上新粉など)では、パンに使用した場合、生地がべたつく、切れやすい、膨らまない、ケーキに使用した場合、浮きが悪い、食感がざらつくなどの不具合が生じます。
そこで、熊本製粉では長年培った製粉技術を活かし、パンやお菓子にも使える二次加工性に優れた「新しい米粉」を開発しました。

新しい米粉の特長
新しい米粉の特長

新しい米粉は、従来の米粉と比べて粒子が細かく、でん粉の損傷度が低いことが特長です。そのことによって、パンやお菓子などさまざまな使い方ができるようになりました。
また、用途にあわせた最適な米粉をつくるため、品種や粉砕方法の研究にも日々取り組んでいます。

いろいろ使える米粉
いろいろ使える米粉

米粉はパンや菓子、料理など幅広い用途に使用でき、使い方や調理の方法によって、様々な食をお楽しみいただけます。

もっちり感:
食パン、菓子パン、その他のパン、うどん、パスタ、餃子の皮
サクサク感:
天ぷら、から揚げ、パイ、クロワッサン
なめらかな口当たり:
シチュー、スープ、クリーム
ホロホロとした食感:
クッキー
しっとり感:
洋菓子、和菓子
米粉の料理
米粉の料理

特長1:おいしい
サクッ、カリッ、とろ~り 特長のある食感になります。
特長2:簡単
手間いらず!幅広いジャンルの料理に使えます。
特長3:ヘルシー
吸油をカット!揚げ物、焼き物をヘルシーに仕上げます。
特長4:グルテンフリー
小麦グルテンを含んでいないため、アレルギー対応食にも使えます。

新しい米粉の秘密
新しい米粉の秘密

新しい米粉の秘密は、粒子の大きさとでん粉の損傷度にあります。
粒子を細かく、大きさを揃えることによって、ボリュームのあるパンやお菓子ができます。 でん粉の損傷度を抑えることで、ボリュームのあるパンができます。麺にすると、製麺性がよく、なめらかな生地となります。

からだにうれしい玄米粉
からだにうれしい玄米粉

新しい米粉の特殊粉砕技術を活かし、白米よりも栄養価の高い玄米をそのまま粉にしました。これまでにない、幅広い用途に使用できる玄米粉です。
従来の玄米粉は、パンやお菓子が膨らまない、独特の青臭みがあるなどの問題がありました。しかし、でん粉の損傷を抑え、粒子を細かくすることで、パンやお菓子が膨らむようになりました。
また、くせのない、優しい味で、玄米本来の風味のあるパンやお菓子、料理ができます。

各種製品

各種製品

各種製品

米粉の各種製品はこちら

その他の熊本製粉のおすすめ